大学ランキングから予備校を選ぶ

模試の結果は夏の時点ではC判定

模試の結果は夏の時点ではC判定のまま、厳しい状況が続いていきます。
高校からも、志望校の変更をしてもいいのではないかと提案もされました。
それでも、どうしてもその大学に入ってやりたいことがあったので、頑張ることに決めたのです。
本来私はとても負けず嫌いなので、予備校でテストの結果が張り出されランキングが表示されると余計燃えました。
私は100名中いつも60位くらいを彷徨っていたのですが、通い始めて半年後には25位くらいになったのです。
この原動力は、私の頑張りを支援してくれた予備校側の熱意があります。
頑張る人間はキチンと見ていてくれますし、サポートしてくれる体制がありました。
時間外になっても、分からないポイントを何度も教えてくれましたし、何故つまずいてしまうのかまで理解してくれたのです。
私の場合、数学に対して苦手意識があります。
特に証明問題は、そもそもどうしたら正解なのかすら分からず、いつも空欄にしてしまいました。
出来ないことをそのままにしておかない習慣をつけようと講師の方々に言われたことで、意識が変わっていったのです。
少しずつ理解出来ることが増えていくと、勉強も苦ではなくなっていきます。
マンツーマンで始めた頃は聞きたいことも聞けず内気だった私の性格も、前向きになっていったのです。
受験も迫った冬の模試では、B判定にまで持ち込むことが出来ました。
残念ながら、志望大学には不合格となり補欠合格も届かなかったのです。
かなり落ち込みましたが、二次募集があるということで気持ちを切り替えることにしました。
二次募集での受験は、希望していた学部ではなかったのですが、何とか大学に滑り込むことが出来て良かったです。
自分一人の力では、なかなかここまで頑張り続けることは出来なかった気がします。
周りに支えられて合格出来たと感じているので、大学に入学してからも努力し続けたいです。

自分の成績では合格が難しい模試の結果は夏の時点ではC判定

私の通った予備校 : 数理進学予備校イーズ